所蔵品より、人間国宝から現代作家まで、作家の感性が煌めく美の表現をご紹介